木曜日, 3月 22, 2018

千葉県ウォーキング協議会 設立総会

1年の準備期間を経て3月16日(金)に設立総会を開催する運びとなりました。

加盟クラブは「千葉県」ウオーキングクラブ」と「健康ウォーキングの会」の2団体。

設立総会には佐々木スポーツ連盟事務局次長をはじめ20名が参加し、木漏れ日の里で開かれました。

会長に浅沼義明、副会長に北尾斉治・秋本信孝、事務局長に日野正生を選出し、この1年の運営を進めることとなりました。

今年度のウォーキングとして

東金・関東ふれあい道路ウォーキング/養老

渓谷・大福山ウォーキング/和田町・花嫁街

道・黒滝ウォーキング/三石山・表参道ウォ

ーキング/養老渓谷・奥養老ウォーキング/

佐倉・城下町ウォーキング/水郷・佐原ウォーキング/花見川・遊歩道ウォーキング/

茨城・筑波山ウォーキングの企画が話し合われました。

ウォーキング協議会の特色はお昼をキャンプ気分で作ることです。今月はひな祭り企画で「天ぷら」と「ちらし寿司」を作りました。天ぷらは木漏れ日の里でヨモギ・フキノトウを採集し天ぷらにしました。ついでに「のびる」を採って酢味噌で食べました。キャンプ道具はスポーツ連盟から貰ったものです。

食べ終わったら、4月に行う「東金・関東ふれあい道路ウォーキング」の下見を兼ねて東金「八角湖」の周りを一周しました。ここは御成街道の終点で家康の御成御殿の庭園として造られた池です。ここから鷹狩りに出かけました。鶴も鷹狩りの対象でした。

発会式 (2)

土曜日, 3月 03, 2018

鵜原理想郷散策

鵜原理想郷散策

好天の中、参加者11名で車2台に分乗してにぎやかに出発。東金自走車道、圏央道経由で勝浦へ。2時間で勝浦市鵜原に到着。

早咲き桜が満開のなか岬までのウオーキング。ひと汗かいたらリアス式海岸の絶景が広がりました。

18.2ウォーキング1勝浦市鵜原理想郷は昔から風光明媚なリアス式海岸として、文人・詩人などが訪れ思索に耽ったところです。なるほど、詩人「中村稔」もこの地に立ちこの詩を編んだ様子がうかがえました。

18.2ウォーキング3 鵜原抄 2 中村 稔

隧道をぬければ豁然と海はひらけ/汀は弧をえがいて岩礁につづく。/岩礁をこえ岬の台地に立ち/ふたたび隠顕する入江を臨む。/物云うな/かさねてきた徒労のかずをかぞえるな/肉眼が見わけうるよりもさらに/事物をして分明に在らしめる為に。/海を入江にみちびく崖と崖の間に/鳶は静止し、静止して飛翔し/その影は群青の波に溺れる。/知らない/同じ日、同じ太陽が/かの猥雑な都会の上の空をわたる、と。

お昼ご飯後は房総の花摘みをして帰路につきました。18.2ウォーキング2

土曜日, 1月 27, 2018

をくずれ水仙の里散策

1月12日(金)水仙まつりが行われている鋸南町「をくずれ水仙の里」に出かけました。好天の中、参加者13名で車3台に分乗して出発。

鋸南町の水仙は江戸時代から暖かい気候を利用して育てられてきました。水仙は長持ちするとともに花の少ない1月に咲くので、江戸では大変喜ばれました。

近年、佐久間ダム周辺にも水仙が植えられ「をくずれ水仙の里」として有名になりました。ここは春は桜・梅、夏はアジサイと四季折々楽しめる公園となっています。

観光バス駐車場から水仙ロードを歩いて佐久間ダムへ。実はここが一番満開でした。佐久間ダムにつくと鴨やバンの渡り鳥がたくさん出迎えてくれました。「鴨はオスのほうがきれいなんですよ。」「動物は人間と違いオスのほうがきれいですね。」「人間もオスのほうがきれいかもしれませんよ。だから女の人はお化粧してるのかなあ。」なんて珍問答も。

早速、展望台に向かってハイキング。水仙の香りが漂う道を登ると、佐久間ダムが青空に映え、幸せな気分に浸ることができました。道々メジロとキビタキの集団がにぎやかにさえずっていました。1月だというのに太陽と花の香りで元気いっぱいになった散策でした。

2月例会は冬の足場が氷り危険なため、「勝浦理想郷ウォーキング」に変更します。

clip_image002